生徒様の自己実現に向けて共に歩みます

Staff

地域の小学生・中学生・高校生が自立し一人で歩んでいくためのお手伝いをしたいと考え、個別指導を通して一人ひとりに寄り添い生徒様が将来の不安を努力に変えることを目指しています。そのために学校の授業内容の定着や成績向上、定期テスト対策や第一志望合格など、生徒様の自己実現に向けて共に歩んでいます。

松本 桂輔
マツモトケイスケ
代表

自己紹介

●名前:松本 桂輔

●趣味:読書・映画・ゲーム(インドア)

●特技:プログラミング

●出身高校:大阪星光学院高等学校

●出身大学:京都大学 大学院 数理解析研究所

●最近ハマったもの:進撃の巨人


【塾のスローガンは何?】

それは「自己形成のお手伝い」です。独り立ちと言い換えてもいいですが、 塾生が一人で自立し歩んでいくことができたなら、 僕にとってはそれがいちばんのやりがいです。


とはいってもこれはとても大きな目標ですので、テストの成績アップや入試の突破 を見据え、塾生の自己実現にむけて共に歩んでいきます。


【自己実現って何?】

夢や目標を決めることは難しいものです。サルトルという有名な哲学者が 「人間は自由の刑に処せられている」(カッコイイ!!) という名言を遺していますが、哲学者が「刑」と表現するほど、自由に夢を決めることは大変なことなのですね。


ですが、目標を決めなくても歩き出すことはできると思います。 テスト対策や受験勉強・部活に一心に打ち込み評価されたなら、 立派に自己を実現できたといえると思います。その経験は自立に向けた大きな一歩に繋がるはずです。


【テストや受験勉強の目的って何?】

色々な考え方があると思いますが、僕は学び方を学ぶためだと考えています。


例えば漫画家になった人で、学校で習った平方根や三平方の定理をガンガン使っている人は稀だと思いますが、 平方根や三平方の定理といった、基本を吸収し利用する方法を覚える練習は、 コマ割りの基本を学び、自分なりに利用していく中で、助けになるのではと思います。


また、数学の証明は人に物事を順序立てて説明するものなので、 例えばわかりやすいプレゼンの方法を学んだり、営業の話術をマスターするときなんかに使えるかもしれません。


将来の進路を決められないと不安になりますが、少なくとも将来の自分に投資することはできるはずです。 不安を力に前進するお手伝いができればと思います。

学習の指導方針としては「学習・観察・練習」のループを繰り返すことで成長を促しています。はじめに講師が実演し、生徒様はそれを真似して学習します。仕組みを学習したうえで「なぜそうするのか」と観察し、理由を考えます。理由を考え理解したことを実際に使えるように練習することで、自分のものとしていきます。個別指導塾として一人ひとりのペースに合わせながらこのループを繰り返すことで、鈴蘭台にて学習内容の定着を図っています。判断力・思考力・試行力を養うため、インプットだけではなくアウトプットとして宿題を提示しています。